迷ったらココを選べ!FX初心者おすすめ業者!

FX初心者が知っておかなくてはならないこと

少額 FXは現在多くの人が利用しているものとなりました。
インターネットが普及したことによってトレーダーのみならず主婦のような人であっても利用するようになっています。
しかしFX初心者は、FXの理想的な部分しか目に入らないことが少なくありません。
ではFX初心者がしっておかなくてはならないことにはどういったものがあるのかというと、何よりも覚えておきたいのが、状況によっては非常に大きな損をすることがあるということです。
近年で特に大きな事件となったのが、スイスフランの急騰によってもたらされたスイスフランショックです。
これは2011年9月から継続して設定していた下限を2015年1月15日に撤廃し、無制限介入を中止するようになったことによって発生しました。
直前までユーロスイス相場は1.2未満になることが無かったのですが、介入を中止した瞬間、1.0を下回るまで一気に急騰したのです。
この値動きは主要通貨のなかでは過去に例を見ないほどの動きであり、スイスフランに関わっていた人たちを大きく狂わせるようになりました。
ある人は数千万円を超える巨額の利益を得ましたが、同時に数千万円もの借金を背負うことになってしまった人もいるのです。
ここまで大きな値動きは早々あるものではありませんが、しかし一度あった以上、今後あり得ないとは言い切れません。
FX初心者はこうした事象に対して「自分も数千万円の利益が手に入る」というように考えてしまうことがあります。
ですが当然ながら、これは「自分が数千万円の借金を背負うかもしれない」ということにもなります。
FX初心者はFXとはハイリスクハイリターンであり、時には自分だけでは背負いきれないほどのリスクがあるということを事前に知っておかなくてはならないのです。
このことは慣れている人であっても時に忘れてしまうことですから、自分の身を守るためにも、リスクを避けた投資をするためにも常に覚えておくように心がけてください。

 

 

米国の株価によって大きな影響を受ける夜中におけるFXの外貨の動き

 

FXで売買をしている方は、メジャー通貨を用いているケースが非常に多いです。売買をしている方々の人数が非常に多いのが、その通貨の特徴ですね。
そして人によっては、真夜中の時間帯にメジャー通貨で売買をしている事もあるでしょう。その際には、ちょっと株価には気をつけた方が良いですね。
ただしここでの株価は、日本の株の動きではありません。日本の株の場合は、もちろん昼間の時間帯に変動していますね。そうではなく、アメリカの株価の動きなのです。もちろんアメリカにも、株という商品はあるのです。
そして株価の動きは、外貨な動きと大きな関係があります。クロス円の動きを見てみますと、見事に外貨の動きと連動している事が分かるでしょう。その2つを並べて見れば、その傾向がよく分かると思います。
ところで前述のアメリカの株価なのですが、夜間の時間帯に動きが始まるのですね。日本の昼間の時間帯は、もちろんアメリカの株の動きはクローズしています。
そして夜間の時間帯になると、そのアメリカの株の動きがかなり激しくなってくるのです。というのもその株式投資での参加人数が増えてくるからです。外貨の場合も、もちろんマーケットに参加している方々の人数が増えれば、だんだんと動きが激しくなりますね。株もそれは同じです。
そして夜間の外貨の動きはアメリカの株の動きと連動しますので、もしも米国の株価が大きく変動した時には、ちょっと気をつけた方が良いでしょう。なぜならそのタイミングでは、メジャー通貨も大変動する傾向があるからです。意外とその米国の株価の動きは見落としがちですので、気をつけた方が良いですね。
ちなみに夜間の外貨の動きは、昼間よりも激しくなる事が多いと言われています。それも前述の米国の株価によって、後押しされているからだそうです。それだけに夜間のFXのメジャー外貨による売買は、ちょっとスリリングな一面があるとも言えるでしょう。大きな損失が発生しないよう、逆指値などは必須だと考えます。

 

 

昼間よりも夜間に発表されるニュースで大きく動くFXのレート

 

外貨を大きく動かす要素には、色々あります。指標などは、その1つですね。経済に関するビッグニュースは、やはり外貨を大きく動かす傾向があります。
ところでその指標にも、大きく分ければ2種類があるのです。昼間の時間帯に発表される指標と、夜間の指標です。どちらも指標には違いないのですが、外貨を動かすパワーが大きく異なります。結論から申し上げれば、夜の時間帯に発表される指標には注意した方が良いでしょう。それだけに夜の時間帯は、ちょっとFXの建玉を保有しない方が良い一面もあります。
どういう事かと申しますと、昼間の時間帯は意外と動かない事があるのですね。確かに昼間の時間帯に発表されるニュースでも、外貨はそこそこ動きます。
しかしその大きさは、夜間ほどではないと言われています。むしろ夜間の方がニュースの力が大きいので、注意を要するわけですね。
そしてもちろんこの金融商品では、そのニュースが発表されるタイミングでは余り建玉を保有しない方が良い一面があります。ですので夜寝る前には、基本的には建玉を保有しない方が良い訳ですね。
考えてみますと、米国の雇用統計などは良い例です。あれはもちろん21時や22時台に発表される事になるのですが、そのタイミングでは非常に大きな動きが発生しているでしょう。昼間の時間帯の指標に比べると、明らかに値幅が大きいですね。またアメリカのある大学に関する数字なども夜間の時間帯に発表されるのですが、それも数字を大きく動かします。
ですのでFXでは、余り夜間の時間帯に建玉を保有しない方が良いでしょう。建玉を保有するのが昼間の時間帯のみにしておき、夜は建玉ゼロにしておくのが好ましいと考えられます。
ただしスワップで売買をしている方は、もちろん話は別ですね。その方々の場合は十分な資金でその大きな動きを回避できる事が多いので、長期売買の方々にとっては上記の話はあまり関係ありません。デイトレなどで売買をしている方にとっては、上記の話は大切だと思う次第です。

金融関連の会社は、たまにシステムの変更を行います。それに伴って、とても使いやすくなる事があるのです。
FXの関連業者もしばしばシステム変更を行っているのですが、操作性がアップするケースも見られるのですね。その1つが、外為どっとコムです。
その会社は、口座の保有数が非常に多いですね。あらゆる金融会社の中でも、1、2を争うほどの口座数を誇っています。なおかつ、知名度も非常に高いのですが。
ところで以前の外為どっとコムは、ちょっと操作性に難がありました。実は私は、外為どっとコムの口座を保有しているのですね。昔はデイトレで売買を行っていましたが、とにかくクリック数が多かった記憶があります。
私たちが売買をする時は、もちろんシステムでクリックもしくはタップをする事になるでしょう。それで以前の外為どっとコムは、何回もクリックをしなければなりませんでした。私の覚えている限りでは、確か3クリックほど必要だったのですね。
デイトレで売買をするとなると、その数はちょっと多いです。デイトレの場合はスピーディーに注文をしなければならない事も多いのですが、クリック数が多ければ時間がかかってしまいます。それで売買のチャンスを逃してしまう事もあったので、昔は少々使いづらい一面がありました。
ところが外為どっとコムは、最近スピード重視になっているようですね。いつの間にか、かなり少ないクリック数で注文を出せるようになったのです。現時点では、1クリックで売買ができるシステムになっているようですね。冒頭でも申した通り金融関連の会社はシステム変更をする事があるのですが、外為どっとコムもその1つになります。良い意味で、システムが改善されたと言えるでしょう。
また外為どっとコムは、出金もだいぶ早くなったようですね。昔は出金にかなり多くの日数がかかっていたのですが、今ではだいぶスムーズになりました。
このように外為どっとコムは、常にシステムの改善をしている訳ですね。今後もその会社のシステムは、使いやすくなっていくのではないかと思います。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:41:27

金融関連の商品では、たまにルールの変更が発生します。それに伴って、追加での試験が発生する事があるのです。
例えば、オプション取引と呼ばれる商品があります。いわゆる外貨が上がるか下がるかを選ぶ事になります。もしくはレンジ外かレンジ内のどちらになるかを選ぶのですが、少し前にルール変更が生じています。テストが必要になっていたのですね。
というのもそのオプション取引という商品は、ある時からテストが必須になったのです。口座を新規作成する時には、必ずそれを受験する必要があります。もちろん合格点に達していなかった時は、口座を作るのはお断りになるのですね。いわゆる審査のようなものです。
逆に数年前までは、オプション取引ではテストは必要ありませんでした。ほとんどの方々は、比較的簡単に口座を作れる状況だったのですね。あのルール変更が生じた時には、多くの方々は驚いていらっしゃったようです。
そしてすでにオプション取引の口座を保有している方も、テストを受けなければなりませんでした。ですのであの時に口座を保有していた方は、少々びっくりしていたかもしれませんね。
ちなみにそれは、FXの関連商品になります。ですのでFXでも、今後そのようなルール変更が生じる可能性は、一応ありますね。現時点ではそのような話題は浮上していませんが、今後の投資家の動向次第では、もしかすると試験が必須になるかもしれません。
ただしテストが必要になるとは言っても、それなりの勉強をしていれば、特に問題は無いようです。というのも、そのオプション取引で出題される問題は、ある程度固定されているのですね。ある金融関連の機関が問題集を提示していて、そこからランダムに出題されることになっています。ですので、きちんと準備をしていれば合格点に達するのではないかと思います。今後FXでもその試験が課せられるかもしれませんが、恐らく同じような状況になると思う次第です。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:41:27

こんにちは、私は30代の後半の投資家です。今日は世界で有名なFXのマイナー通貨について書いてみようと思います。

 

まずマイナー通貨のなのに世界で人口的に一番使われていそうなメジャー通貨はなんだと思いまか?それは中国の元です。

 

中国の元は世界的に使われているのに、何でマイナー通貨のなのでしょうか?それは中国の元は半分中国の管理下にあるからです。度々レートを政府が操作してしまうので、取引に透明性が欠けているのです。

 

実際に最近(2015年)も何度も中国政府は不景気を理由に元の切り下げを独断でやりました。

 

FXで元の通貨ペアを持っていたら冗談じゃないですよね。そうゆうこともあって、FX会社もあまり元を信用していなくマイナー通貨の地位にあるわけです。

 

さて、次に紹介するのはニュージーランドドルです。ニュージーランドは南半球にある国で日本と同じぐらいの国土ですが、人口は日本より圧倒的に少なく酪農国家です。

 

よって取引される通貨量は日本円よりずっと少なく、メジャー通貨と言うよりマイナー通貨です。

 

でも、日本でニュージーランドドルは金利が高いので、かなり有名な通貨です。よって日本人の私たちから見ると、とても取引したいメジャー通貨と言えます。

 

次に紹介するのは南アフリカランドです。南アフリカランドはアフリカの白人先進国家である南アフリカの通貨です。

 

FXが登場した時はなんだこの通貨は?と思った人が多かったです。しかし、今ではFXでアフリカの通貨と言えば、だれもが南アフリカランドとはっきり言います。それぐらい有名なマイナー通貨であります。

 

さて、最後に紹介するのは南北アメリカのマイナー通貨です。それはメキシコペソとブラジルレアルです。メキシコは日本より国土は圧倒的に大きく、合衆国と呼ばれているほどです。よってメキシコペソは北アメリカでは皆が知っています。

 

ブラジルレアルはFXではマイナー通貨だけれども、南アメリカの代表する最も有名な通貨です。ブラジルは国土も大きく、ブラジルレアルの影響は周辺国にも及ぶほどです。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:40:27

こんにちは、私はFX1年目の新米トレーダーです。

 

FXは勝つ人も負ける人もいるライバルの多い投資になるので無理のないよう目標を立ててやっていきたいと思います。

 

まずFXで勝って行くには負けないぞという強い意思を持たなくてはなりません。自分を信じてやってからこそお金持ちになれるからです。

 

しかし、この決心は強く心に刻み込めば誰にでも持つことができます。

 

この決意が揺らぎないものになったなら、次はあまり実践できない具体的な数字を思い描き書いていこうと思います。

 

まずは一日に稼ぐ目標を立てます。例えば1日に1000円を目標にします。1日に1000円なら慣れれば稼げるかもしれん。

 

そうすると1ヶ月20000 円になります。1ヶ月20000円だと実家に帰省しても国民年金、住民税や携帯を払えません。よってこの数値はダメです。

 

それでは1日に2000円ならどうでしょうか?これなら1000円の時と変わらずに無理無く達成することができます。

 

そうすると1ヶ月40000円になります。1ヶ月40000円なら実家に寄生していれば国民年金、住民税、健康保険、携帯電話、雑費を払ってギリギリで全く遊ぶことはできないと思います。

 

それでは1日に3000円ならどうでしょうか?3000円でも無理なく稼ぐことができるでしょう。これなら1ヶ月60000円になります。

 

60000円なら実家に寄生していても、国民年金、住民税、健康保険に携帯電話、雑費すべてを払ってもお釣りが残ります。

 

よって実家に寄生している人の目標値は1日に3000円ということになります。

 

しかし、私は1人暮らしです。よって私の目標値を算出しようと思います。1人暮らしの人の目標値は1日に5000円です。1日5000円稼ぐのはギリギリ何とかなるでしょう。そうすると1ヶ月100000円になります。

 

100000円はなら安アパートの家賃を払ってやっていけなくはないです。よって私の目標値は5000円になります。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:40:27

こんにちは、私は30代の中年FX初心者投資家です。今日はFXの口座開設をしようとしていたところ、気になったものがあったので書いてみることにしました。

 

どこが気になったのかというと、そのFX会社は自動売買システムを採用しているからです。自動売買とはこちらが設定しておけば、取引を自動でやってくれる夢のようなシステムです。

 

しかし、それだけでFX会社を選ぶのは危険です。慎重にその会社を調べてみました。

 

まずは問い合わせです。電話は0120のフリーダイヤルでした。フリーダイヤルはかけてもこちらはお金を負担しなくても良いです。よってわからないことがあったらバンバン質問できてありがたいです。

 

次はwwwで始まるインターネットのホームページがあるかどうかの確認です。これは直接アクセスして見ると良いと思います。ちなみにモバイルで簡単に検索できるQRコードもついていました。

 

次は会社の所在です。これは郵便番号、住所をみます。これは会社が実際にあるかどうか調べるために確認します。

 

次はその会社が金融取引業者の認定を受けているか確認をします。

 

これで外面の調査は終わりです。今度は中身の条件をみます。

 

まずは取引はかかるコストの調べます。最近は大抵は取引手数料が無料なので、同じ条件かどうかをチェックします。

 

それが終わったら次はスプレッドを調べます。スプレッドは他社と比べて見劣りしないコストパフォーマンスの良いところを選びます。

 

スプレッドのコストを見る際に参考にするのがメジャー通貨ペアです。スプレッドは一般的にはマイナー通貨ほど高くなりますが、なるべく自分が取引したい通貨ペアが安いところが良いです。

 

それを確認したら、今度はFX取引する上でのリスク項目をざっと見ていきます。これは何故見るのかというと、後で問題が発生した時にトラブルにならないようにするためです。

 

ここまで確認して問題なかったら、後は身分証明書を用意して口座を開設します。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:40:27

FX関連の会社の1つに、DMM証券があります。DMMという名前は、聞き覚えがある方も多いのではないでしょうか。とても知名度が高い会社の1つと言えます。
ところで以前に、あるFXのトレーダーの方がその証券会社をおすすめしていました。その方はブログを保有していて、自分なりのやり方を漠然と執筆しているのですね。ちょっと独自の方法で売買をしていらっしゃるようです。ちなみに売買成績は、そこそこ良いようです。
その方がDMM証券を推奨していた訳ですが、それにはいくつかの理由があります。その1つが、前述の知名度だそうです。
その方としては、DMMグループの会社を信頼していらっしゃるようなのです。確かに大きな会社ですし、比較的信頼度は高いと思います。
またその方は、その会社の約定力にも大きな魅力を感じていらっしゃるようですね。普段からデイトレで売買を行っているだけに、約定力は軽視できないポイントだと考えていらっしゃるのです。なかなか使いやすい会社と考えている訳ですね。
確かに私も、DMM証券は悪くない会社だと思います。上記のような理由に加えて、口座数がそれを証明していると思うのです。
現時点では、その証券会社の口座数は46万を超えているのですね。その数は、他の会社を大きく上回っています。30万口座ならば比較的多い方なのですが、DMMはそれを10万以上も上回っている状況なので、それだけ多くの方々から信頼されているのではないでしょうか。
それとDMMの場合、証拠金の高さにも特徴があります。現時点では、その証拠金の残高のトータルが1,000億を超えているのですね。他の会社と比べれば、かなり高めなのは確実です。
このように複数の要素で優秀な数字になっている訳ですから、私もその証券会社のクオリティーは高いと思います。売買コストなどを考慮しても、決して悪くありませんね。どこのFXの会社にしようか迷っている時は、その証券会社で口座を作ってみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:40:27

金融関連の会社を選ぶ基準の1つに、第三者機関からの評価があります。第三者からどのような評価を受けているかで、その会社のクオリティーが判断できるケースも多々あるのですね。
もちろんFXも、それは同様です。中にはかなり高い評価を受けている会社も見られるのですが、そのような会社は品質も高いと考えられるのですね。
では具体的にはどの会社ならば高い評価を受けているかと申しますと、例えばサクソバンクです。いわゆる外資系の会社の1つになります。
その会社の場合は、海外の会社からかなり高い評価を受けているのですね。受賞歴が非常に多いのです。これだけ歴が多い会社は、なかなか見られませんね。
例えば今から2年前なのですが、サクソバンクはイギリスのある機関からかなり高い評価を受けたのだそうです。それでその機関から、賞を受け取っているのですね。
またその年はかなり受賞が多く、別の賞も受け取っているのです。複数の専門家の方々からかなり高い評価を受けていたようですね。
FXの会社は、公式サイトで自社をアピールしている事はよくあります。今まで多くの方々から強化されたと、口コミを掲載している会社も見られますね。
しかしサクソバンクの場合は、口コミではなく外部機関からの賞に関する情報を、色々掲載している訳です。それも専門的な機関から高い評価を受けている訳ですから、この会社のシステムはかなりクオリティーが高いとも考えられるのですね。
実際確かにサクソバンクは、独特なシステムを色々とて影響をしていると思います。取り扱っている通貨の数なども非常に多いですし、ある程度多くの枚数で売買をしますと、割引が発生するシステムもあります。また約定力なども比較的優れていますので、短期的な売買を希望している方からも、かなり高い評価を受けているようですね。
そして人によっては、いわゆる信頼度で会社を選んでいる方もいらっしゃるでしょう。外部の機関から高い評価を受けているという意味で、サクソバンクはおすすめです。

続きを読む≫ 2015/09/24 08:00:24

FXでの売買を考えている方々のニーズは色々ですが、その1つがマイナーな外貨ですね。世界には非常に様々な外貨がある訳ですが、人によっては少々特殊なタイプの外貨を用いて、注文をしたいと思っている方も見られるのです。
そのような外貨での売買をするとなると、やはり会社の選別が大きなポイントになります。大抵の会社ではメジャーな外貨は取り扱っているのですが、やはりマイナーな外貨となると、取り扱っていないのが実情なのですね。もちろん中にはそれを取り扱っている会社もあるので、前述のように会社を選ぶのが大切なのです。
ではどこの会社ならばマイナーな外貨を取り扱っているかと申しますと、その1つがサクソバンクです。ちなみにそこは日本の会社ではないようですね。いわゆる外資系の金融会社の1つになりますが、非常に幅広い外貨を取り扱っているのが特徴的です。
その会社の場合は、実に150種類以上もの外貨を取り扱っています。他の会社の場合はせいぜい100種類以下なのですから、やはり取り扱い種類数が多い事だけは確実でしょう。
例えばその会社では、ズロチと呼ばれる外貨を取り扱っているのです。他の会社では、なかなか見かけませんね。ちなみにポーランドの通貨になります。そうかと思えば、コルナと呼ばれる外貨も、その会社では取り扱っているのです。いわゆるチェコ国の外貨なのですが、それもなかなか見られるものではありません。
そのような外貨での売買を希望しているのであれば、やはりサクソバンク一択になると思います。ズロチなどは、他の会社ではめったに見られるものではないからです。
ちなみにこの会社の場合は、金利なども比較的高めになっているようですね。いわゆる高金利な外貨に興味を持っている方も多いと思いますが、その場合はサクソバンクに注目しているのが良いと思うのです。
なお浅草バンクは、だいぶの機関からもかなり高い評価を受けているようですね。上記のように取り扱い外貨の数が多いのが、その理由の1つなのかもしれません。

続きを読む≫ 2015/09/24 07:59:24

金融業界では、よくキャンペーンを行っています。そして、それは決して軽視できないポイントの1つなのですね。
キャンペーンは、やはり内容が非常にお得になっていると思います。特定の条件を満たすと、いわゆるお金がプレゼントされるケースが多いのですね。その金額が軽視できないものになっているので、色々な金融会社のキャンペーンに応募している方々も、決して珍しくありません。
ところでその内容も、会社によって異なるのですね。SBI FXトレードという会社の場合は、かなり独特な内容になっていると思います。なぜならこの会社の場合は、口座を作るだけで無条件にお金を受け取る事ができるからです。
他のFXの会社の場合は、そうとは限らないのですね。口座を作っただけでは、条件を満たしたことにならないケースがほとんどです。なずなら他の会社では、売買が必要になってくるのですね。単純に口座を作って終わりではなく、あくまでも売買が完了しないとキャッシュバックなどを受けられないシステムになっているのです。
ところがSBIの場合は、口座を作成した段階でもお金を受け取る事ができます。ただし口座を作った後に、ログインをする必要があるのですが。それは、別に高いハードルではないと思います。むしろ、非常に低いハードルと言えるでしょう。このように独特なキャンペーンが実施されているのが、SBIの特徴の1つですね。
またSBIの場合は、ツールに関わるキャンペーンもあります。その会社で一定以上の枚数で売買を行った時には、独自のツールを利用できるようになるキャンペーンもあるのですね。そのようなキャンペーンは、なかなか見られるものではありません。
このようにSBIは、ちょっと他社とは異なるキャンペーンを実施しているのが特徴的です。手数料などもリーズナブルになっていますし、取引枚数などもかなり独特ですね。色々な意味でSBIは非常に独特な会社の1つだと思う次第です。トータル的には、その会社で口座を作るメリットは大きいと思います。

続きを読む≫ 2015/09/24 07:59:24