世界で有名だけど、FXのマイナーな通貨を紹介します。

世界で有名だけど、FXのマイナーな通貨を紹介します。

世界で有名だけど、FXのマイナーな通貨を紹介します。

 

こんにちは、私は30代の後半の投資家です。今日は世界で有名なFXのマイナー通貨について書いてみようと思います。まずマイナー通貨のなのに世界で人口的に一番使われていそうなメジャー通貨はなんだと思いまか?それは中国の元です。中国の元は世界的に使われているのに、何でマイナー通貨のなのでしょうか?それは中国の元は半分中国の管理下にあるからです。度々レートを政府が操作してしまうので、取引に透明性が欠けているのです。

 

実際に最近(2015年)も何度も中国政府は不景気を理由に元の切り下げを独断でやりました。FXで元の通貨ペアを持っていたら冗談じゃないですよね。そうゆうこともあって、FX会社もあまり元を信用していなくマイナー通貨の地位にあるわけです。さて、次に紹介するのはニュージーランドドルです。ニュージーランドは南半球にある国で日本と同じぐらいの国土ですが、人口は日本より圧倒的に少なく酪農国家です。

 

よって取引される通貨量は日本円よりずっと少なく、メジャー通貨と言うよりマイナー通貨です。でも、日本でニュージーランドドルは金利が高いので、かなり有名な通貨です。よって日本人の私たちから見ると、とても取引したいメジャー通貨と言えます。次に紹介するのは南アフリカランドです。南アフリカランドはアフリカの白人先進国家である南アフリカの通貨です。

 

FXが登場した時はなんだこの通貨は?と思った人が多かったです。しかし、今ではFXでアフリカの通貨と言えば、だれもが南アフリカランドとはっきり言います。それぐらい有名なマイナー通貨であります。さて、最後に紹介するのは南北アメリカのマイナー通貨です。それはメキシコペソとブラジルレアルです。メキシコは日本より国土は圧倒的に大きく、合衆国と呼ばれているほどです。よってメキシコペソは北アメリカでは皆が知っています。

 

ブラジルレアルはFXではマイナー通貨だけれども、南アメリカの代表する最も有名な通貨です。ブラジルは国土も大きく、ブラジルレアルの影響は周辺国にも及ぶほどです。